inserted by FC2 system

購入後1年半以上経つマザー(AOpen AK77-333)とCPU(AthlonXP1700+)。意外と不便を感じていない
トラブル・めーかー '03年12月

<=before  玄の館トップページに戻る パソコンの部屋に戻る  next=>

トラブル・めーかー最新版 トラブル・めーかーIndex

 パソコン周辺の話を日記風に。気になること・やってみた事・トラブル失敗墜落転落自暴自棄その他紹介したいことを書きまくってしまおう、というコーナー(なんなんだか)。ちょくちょく更新しているつもりなので、覗いていれば参考になることが……多分無い(^_^;)。何か面白いネタがあればどんどん書いていくつもり

2003年12月31日 所期の目的を達した音源

とりあえず使えるようになった音源の背面。光端子にはいっちょまえにカバーがついている  ノート(MEBIUS)ではまともに動作しない(ノイズが乗る)ことが判明してしまったSound Blaster Digital Musicだが、このままではいくら送料手数料無料とはいえ、税込み約7k円が悲しいくず鉄になってしまう(プラスチック筐体だけど)。それではあまりにも惨めだ、ということで、とにかくデスクトップの方にも接続してみることにした。

 ノートPCには普段マウスも含めて何も繋いでいないので、USBコネクタにブスッと挿すだけでいいのだが、デスクトップマシンには気が付くともう挿すコネクタが無いほどにUSB機器がつながっている。一時のUSB機器を無理やり探していた頃に比べると隔世の感がある。問題はコネクタの確保だ。

 USBコネクタはマザーの2個、USB2.0の2個の合計4個。そのうちひとつにポートのハブを接続してあるので合計7個のコネクタがあることになる。ただ、それに「プリンタ」「スキャナ」「マウス」「MO」「PCカードアダプタ」「CF用延長ケーブル」「Visorクレードル」と繋がっているので、結局空きポートは全く無い状態なのだ。しぃかたがないので、比較的アクセスしやすい4ポートハブに接続してあるVisorクレードルを外して付け直してみた。

 で、結論から言おう。全く問題なく使える。デスクトップのCPUはAthlonXP1700+だが、ノートPCに比べて極端に速いわけでもない。HDDアクセスも普通だし、メモリ搭載量もノートPCと同じだ。CPUとグラフィックが違うといえばそれまでだが、それが決定的な違いになってノートPCに問題を起こしているとも考えにくい。結局違いはOS(デスクトップはWin2K、ノートはXP)と、その他こまごましたドライバー等の環境だけだ。なんとかノートPCでも使いたいのだが、現時点では情報も無いし、時間も無い。

 とにかくかさばるのはかさばるのだが、なんとかデスクトップでなら使えるようになった。アナログ入力もちゃんとステレオだし、デジタル入力も使える(但し、一度デジタルコピーしたMDではデジタル出力がなされないのでデジタル入力は不可)。USB音源にした目的の一つは、ノートPCでも使えるように、というのがあったのだが、それ以前にデスクトップでステレオで音を取り込むことができるように、というのがあったので、とりあえずそちら、所期の目的は果たしたことになった。

 さっそく色々音楽を録音し始めた。以前入力端子で悩んだ切り替えについては、コネクタ(というか音源本体)が手前に来たということで、切り替え機が必要なほどではなくなった。PCI音源も挿したままなので、TVを見たいときはそちらから出力させればOKなわけだ。んで、録音の話に戻るが、付属のユーティリティーでは今ひとつ不満。Wave Stadioでは録音中のレベル等がわからないので、CDR書き込みソフトのB's Recorder Goldを使っていたのだが、それでも今ひとつ使いにくい。

 そこで、色々な情報を元にフリーソフトを探してみると、ありました。とりあえずMDからデジタルにせよ、アナログにせよ音楽を取り込むのに楽なのは「♪超録」(http://pino.to/choroku/。これなら分割が比較的楽にできる。そして、取り込んだ音のボリュームを調節したりするのは、「Sound Engine Free」(http://www.cycleof5th.com/index.htmが便利。いずれも録音中のレベルがわかるので、最適なレベルに調節しやすい。これでガシガシMP3を作れる…と思ったりもしたのだが、録音するには等倍の時間がかかる。なかなかそこまでの時間が取れないのが現実。こうして2003年も暮れていく〜。うみゅー。




2003年12月24日 お手軽なハズのUSB音源

手軽に高音質の音取り込みができると思って購入したUSB音源。しかぁし  前回も話をしたが、現在使用しているサウンドカードはCLEATIVEのSoundBlaster PCI64だ。当時は「腐ってもCLEATIVE」ということで(^_^;)ブランド力を信用して買っていた。実際、現在に至るまで何らかの(特に音質面での)アドバンテージを持っており、この後に購入した3種類の音源では満足できなかった。つぶしの利く音源カードとして重宝していた。

 しかし、何の因果か応報か(^_^;)、この音源で現状のシステムを用いて音楽等を録音すると、何故かモノラルでしか録音できない状態になってしまっていた。カーCD用にmp3CDを大量に作成しようとしていた私にとって、このアナログからデジタルへの変換がまともにできないのは相当にキツい。モノラルで我慢できるほど落ちぶれてはいないし、あきらめきれなかった。

 んが、再生面ではこのサウンドカードは特に問題ない。今更特に問題の無いサウンドカードを交換して、また音質面で色々問題があっても面白くないし、音楽の取り込みはノートPCでできれば結構能率が上がるかな?という思惑(ノートPCで取り込み中にデスクトップで他の作業ができる)があり、ノートPCでも使えるUSB音源を探してみることにした。

 USBの音源として気になっていたのは、IOデータのD2VOXというヤツ。USBハブとしての機能も持っているし、入出力は一通り揃っているし、国内メーカー品なので使いやすそうな感じではあった。しかし、2万円近くする上、あまり値引きも期待できない。この他にもアナログ→USBや、デジタル→USBの専用変換機が売られていたりしたが、いずれも専用みたいな感じで1万円ほどする。手軽なのかもしれないが、あまりコストパフォーマンスはよろしくない

 で、思い出したのはやっぱりCREATIVE(^_^;)。確か外付けのUSB音源も出していたな、と思って確認してみた。私が思っていたのは「Extigy」というヤツだが、コレは入出力が充実しているし、更にMIDI端子まで付いていて結構便利。しかもLE版だと1万円を切る価格になっている。コレなら…と考えていたのだが、実はもう少し手軽な製品があった。

 同じくCREATIVEの「SoundBlaster Digital Music」というヤツだ。これだと入出力端子もLINE IN/OUT、MIC IN、光デジタルIN/OUTと一通り揃っている。更に前者と違ってACアダプタを必要としないUSBバスパワー方式だ。大きさもコンパクトだし、なにより最近上位機種(MAC対応)の新製品の発表があって、現行品は6,800円まで安くなっている(実際はオープンプライス)。

 MIDIのコネクタが無いので少し躊躇したが、MIDIの使用頻度と、ACアダプタレスで使える手軽さから、ノートPCで使っても使いやすいだろうと思ったし、何より価格が安いのが魅力的だった。ただ、問題なのはこの手の音源は近所のPCショップではなかなか扱っていない。更に価格改定があってから間もないということもあり、インターネット通販でもこの値段で販売されている所は少ないようだった。

 もんもんとしながらCREATIVEのホームページを眺めていると、購入できるショップのリストがあるのに気が付いた。その中には候補から外れたIOデータのショップ、I-O DATA FACTORY STOREというのがある。そーいえばIOデータはCREATIVE製品も扱っているのだ。さっそく覗いてみると、件(くだん)の製品もちゃんとあるし、ほぼ定価ベースではあるものの、送料、手数料が無料となっているので結構お買い得のような感じだった。

 とにかく注文。日曜日に注文して月曜日には確認メール、火曜日には発送メールが来て、水曜日には到着。手近な店に置いてない品はやっぱりインターネットショッピングが便利だ。

本体は小型だが、3方向からコネクタが伸びるため実使用時は相当かさばる  到着した製品は写真のような感じ。カセットテープケース(最近はあまり見ないか?)を一回り大きくした程度の大きさで、結構コンパクト。しかし、見た目に騙されてはいけない。これにUSBコネクタやヘッドホンコネクタ、LINE-INコネクタなんかを挿すと、3面からコネクタが生える形になり、本体の数倍のスペースを占有してしまうのだ。ノートPCの背面に取り付けられるようなフックや、本体をPCや机に固定するベルクロ両面テープが付いていたりするので、うまく固定すれば不自由は無いのだが、しょっちゅう付けたり外したりするのは思っていたより不便かも。

 せっかく本体が小型なので、とりあえずノートPC、メビウスに取り付けてみた。USBを挿せばとりあえずWindows標準の音源ドライバが(なんか時間がかかるけど)自動的に読み込まれ、まず使えるようになる。これだけでも結構十分使えるのだが、色んなユーティリティや音場エフェクトを使えるようにするには専用のドライバー類をインストールする必要がある。ホームページによると、3月にアップされたアップデーターを使えばMicrosoftの認証ドライバとして組み込めるはずなのだが、付属してきたCDROMのドライバは認証されていなかった。なんで古いのが入っているんだ?

 とにかく、ここまでは問題なく進んだ。しかし、いざLINE-INで録音してみると、何やらあやしいノイズが入る!。無音で録音しても、やや不定期に「…ブツッ…ブツッブツッ…」とノイズが入るのだ。音が小さいので、さほど気にならないかな、と期待したのだが、入力音が大きければノイズも大きくなる(;_;)。

 ヘンだ、あやしい。と思って今度は再生してみる。すると、普通の音を再生していても「…ブツッ…ブツブツッ…」という音が入る。うう、これはどう見てもソフトウェア処理の中でヘンな割り込みが入ってノイズになっているような音だ。USB端子は2.0だから転送速度そのものは問題ないはずだし、ノートPCの方のスペックも余裕、ヘンな割り込みはかかっていないと思うし、Q&Aや注意書きにもあるHDDのモードはULTRA DMAモードだ。

 しかも、専用のドライバーを入れると、音の入力レベルが極端に低くなってしまう。入力レベルを最大にしても、7割程度までしかレベルが上がらず、使い物にならないのだ。ううう、これは使えないのか?




2003年12月22日 21世紀のカーオーディオ?

とってもお得だったと思うmp3対応カーCD。しかし、mp3を作成するために…  タイトルを見てピンと来た人は…たぶんいないと思うけど、以前紹介した21世紀のCDプレイヤーと同じような話だ(^_^;)。以前のCDプレーヤーはポータブルタイプのもので、海外製の結構あやしぃモノだったのだが、今となってはMP3が聞けるポータブルCDプレーヤーというのは結構あたりまえになってきていて、日本メーカー製のものも当時と同じような値段で購入できたりする。

 我が家の2台目の車も変わってしまい、今ではMDが載っているのでこのときのCDプレーヤーはあまり使われなくなったし、あのあと導入したステレオFMトランスミッターが実はモノラルでしか鳴らないという変な状態(なんでこうステレオに縁がないんだろう…)なので、今では手放して手元には無い。

 んで、今回はカーオーディオの話。前回も少し話をしたけど、愛車スパシオのMDの調子が悪い。こちらも5年程経っているのでええかげん変えどきなのかな、と思っていた。しかし、どうせ買い換えるのなら、ディスクの交換の手間が少なくなるmp3を聞けるヤツにしたい。MDとの互換性は無くなるけど、CDにしてしまおうか、と考えた。

 しかし、ポータブルCDと比較するとカーオーディオのmp3化というのは、意外なほど進んでいない。いや、実際mp3を再生できるカーオーディオというのは結構あるのだけど、それはHDDナビだったり、DVDプレーヤーだったりして、やたら豪華な装備になってしまい、価格もそれなりに上がってしまう。DVDプレーヤーもかなり安くなってきているのだけど、アンプ内蔵で4万円程度。ちょっとこれでは予算オーバー…。

 狙っているのはCDプレーヤー。スペース的にも機能的にも1DINのヤツにしたい。2DINだとMDも一緒に聞けるが、これまた価格が上昇するし、スペース的にも苦しくなる。しかし1DINでもmp3を再生できるヤツになると、簡単に3万円ぐらいになってしまう。地方の店頭販売ではなくてインターネットの通販とかだと結構安く売られていたりするのだけど、同時に不具合の報告なんかもネットを飛び交っていたりして、なかなか通販にも手を出しにくい(店頭販売なら持ち込んで文句を言える)。

 どうしようか、と店頭でしばらく悩んだ後、店員さんに声をかけて「MP3が再生できる安いヤツない?」と聞いてみた(実は2件目。1件目は安いの無し)。しばらく探してみてはくれるけど、やはりなさそう。あきらめかけたその時、「あ、これならMP3聞けますよ。残り1台ですけど、これなら安いですよ」と、指し示した場所は格安CDレシーバーのコーナー。2万円以下の格安品にはMP3を聞けるようなシロモノは無いと思っていただけに意外だった。

 で、店員さんが見つけてくれたCDレシーバーは、SANYOCDF-MP380というヤツ。他でもあまり見かけない機種で、デザインや機能の面から見てもたいしたこと無いので売れ残り状態だったのだろうか。価格は残り1台の限定特価、14,800円。ちーん(気絶)。

 あまりにあわてて気絶した(^_^;)もんだから、あまり機能をよく見ないまま購入したのだけど、デザインがやや気に入らない以外はあまり問題無し。車への設置も自分で初めてやったのだけど、ガワを外してしまえば後はほぼ問題なく取り付けできた。外部からのLINE入力端子も前面にあったりして、結構応用がききそうだ。

 ただ、液晶パネルだけは夜間見るにはやたら明るいし、スパシオの場合はデッキを傾斜して取り付けるため、液晶がやたら薄くなってしまう(濃度調節不可だし、やや上から見ると良く見えるように設定されているようだ)。ま、運転中に凝視するわけではないので特に問題ないといえば無い。

 音質的には細かく言うと色々あるかもしれないが、個人的には不満の無いレベル。アクセスがやたら遅いのが気になる(最初10秒程度、曲移動に5秒程度)けど、CD1枚で100曲以上を一度に聞けるジュークボックス状態にできるのは楽だ。CDそのものはMDに比べるとかさばるのだけど、うまく整理してCD2〜3枚にまとめてやれば、むしろコンパクトになるというものだ。

 んが、問題はその「整理してまとめる」作業。もちろんPCで行うのだが、現状MDにしてある曲は、アナログでPCに取り込まなければならない。しかし、今のサウンドカードではモノラル録音しかできないのだ。はて、どーする?



2003年12月7日 ステレオサウンドを取り込むために

手ごろなセレクターで快適音楽生活…のつもりが  普段車に乗っているときは、何かしらの音楽を聞いている。この辺は車に乗り始めた10年以上前からの習慣になってしまっているので、今更全く音楽の無い車に乗っても、変に緊張してしまうし、なによりなんとなく面白くない。何が言いたいのかというと、カーオーディオの調子が悪い、ちうか、壊れてしまっているのだ。今の車のオーディオは5年程前に購入したMDで、例によってSONY製だ。コレまでの経験だとMDやCDの場合、SONYに限らないのだろうけど長期に使っているとヘッドに寿命がきて、きちんと読み取れなくなる。非接触の光学系だけど、その寿命は意外と短い。

 もっとも、これまで光学系で、寿命で壊れた経験があるのはSONYのMDとPlayStationだけだ(^_^;)。俗に言うSONY Timerの様な気もするが、ハードな環境の車の中で5年以上持ったのだからまだいい方だろう。愛車スパシオの場合、装着時に若干傾斜している上に熱的に苦しいダッシュボード上に位置しているので、そもそも環境が苦しい

 で、壊れてしまったMDを直してもいいのだが、それでは面白くないので新しいオーディオを導入しようかと考えた。最近流行り?のmp3が聞けるCDデッキだ。ちょっと前まではそれほどでもなかったのだが、最近は多くのCDデッキに装備される機能になってきた。まだちょっと値が張るのが気になるが…。

 ここでようやくPCの話が出てくるのだが(^_^;)、このmp3音楽ファイルを作成するためにPCが必要になる。通常のCDであればそのままリッピングしてWaveファイルにし、mp3に変換すればOKなのだが、普段MDで聞いている音楽はFMラジオをエアチェックしたものが大半だったりする。このため、まずはアナログのLINEを通してWaveファイルに変換しなければならない。

 しかし、デスクトップのサウンドカードのLine端子には、通常TVキャプチャカードのAudio Out端子が刺さったままになっている。端子は背面にあって、しかもカード類がぶすぶす刺さっていてケーブルがのたうちまわっているので、差し替えはすんごく面倒なのだ。いちいち差し替えるのは(これまでに何度かはやったけど)・イ・ヤ・だぁぁっ!!!

 実際、時々スピーカーとヘッドホンとを差し替えていたLine-Out端子は、DIYのショップで格安のヘッドホン延長コードを購入してきて前面で簡単に差し替えられるようにしてしまった。しかし、Line端子には「TV」「MDオーディオ」「場合によってはカセット」を接続しなければならない。何か良い手はないか、と考えていて、ふと以前使っていたゲーム用のTV切り替え器が余っていることを思い出した。

 というわけで、やっと写真の話。なんとか工面してTV用の切り替え器をPCオーディオ用にしたわけだ。ただ、思ったよりかさばるので例によって収納場所に困る。ディスプレイの脇には既に色んなケーブル類がのたうち回っているし、VisorのクレードルやらUSB延長コネクタや先のヘッドホン延長コネクタなんかと干渉して、何がなにやらワケがわからない状態になってきているのだ。しかも、ステレオピンプラグ→ステレオピンジャックのケーブルがひとつ足りないため、急遽古いヘッドホンをぶち壊してケーブルを作るハメになった。

 しかし、ここまでして問題発覚。MDからステレオ録音したオーディオを再生してみると、なんとモノラルになっている!。録音ソフトや設定を変えてみてもダメ。Line入力をそのまま出力する分にはステレオになっているのでハードウェア的には問題ないはず。以前もそんな事があったなぁと思いつつ色々設定してみたけど、今度ばかりは全然ダメ。ううう、これはもうオーディオデバイスを変えるしかないのか?



<=before  玄の館トップページに戻る パソコンの部屋に戻る  next=>

トラブル・めーかー最新版 トラブル・めーかーIndex