inserted by FC2 system

周辺機器 こだわり?の一品


その他スピーカージョイパッド

パソコンの部屋に戻る   玄の館トップページに戻る

パソコン関連のその他の比較的パソコン本体から遠い品物、小物を集めてみました。パソコンデスクが小物というのも変ですが…。比較的値段の安いものが多いのですが、あなたと同じモノがあるでしょうか?

★ スピーカー ★

● Sony SRS-PC41 ●


起き場所に困るスピーカー  購入したのは'96年の11月。近所のパソコンショップにて購入。値段は約6,500円。それまで使っていた手持ちのスピーカーは、学生時代に自作したダンボール製のもので、防磁されてもないし、音質も音量もイマイチだったので、ぼちぼちイイ音が欲しくなって購入。

 ソニーを選んだのは、コレが丁度いい値段だったというのもあったが、以前某松山のB電器でスピーカーを聞き比べたとき、ソニーのヤツが比較的気に入った音(特に値段の割には低音の響きが良い!)を出していたので、ソニーならまず問題無いだろうと踏んでの話だった。また、乾電池駆動ができるというのも大きかった。

 せっかく乾電池駆動ができるのだから外に連れ出す機会も作ってやりたいのだが、実は一度も乾電池で鳴らしたことが無い。できそでできない乾電池駆動…。

 音質のほうは、それまで使っていた自作ダンボールスピーカーよりは数段良く、今まで殆ど聞こえてこなかった低音の響きも良く聞こえるようになった。
 また、スピーカー特性から、音はなるべく大音量で聞いたほうが良く、MDなんかを繋いで鳴らしている場合でも音を大きくしてやるとそこいらへんのミニコン顔負けの音を出してくれる。IBB(インテリジェント・バス・ブースト…というらしい)も程よく効いているようだ。

 ただ、問題となるのはやはりその形状。やたら丸っこいので収めるところに苦労する。側面が平らなら、音質の問題はさておいても何処か柱や壁にくっつけるということもできるが、こう丸いとそうもいかん。パソコンデスクの上は本体と17インチディスプレイが占有してしまっているのでなかなか置き場所が無い。実はセロハンテープで留めてしまっているのだが…電池駆動してみたい…。


★ ジョイパッド ★

● サンワサプライ VIRTUA GRIP II ●


格安ジョイパッド  '98年2月に購入。1980円の特価品。今でもこの値段のようなので、結構安いシロモノである。ビデオカード(PWR128)を買った後、付属のゲーム、「MotoRacer」にハマってしまった私は、「ええぃっ、キーボードではまどろっこしくてやっとられん!」ということで、とにもかくにもジョイパッド(もしくはジョイスティック)が必要となった。
かといって、たかがゲーム?にそれほどお金をかけるわけにも行かず、ましてやサイドワインダーのようにばかでかいジョイスティックを机の上に置くようなスペースも無いので、1,980円の激安ジョイパッドを購入した。

 値段の割には各ボタンごとの有効/無効スイッチやターボスイッチも付いているので結構使い勝手はあるらしい。ただ、6ボタンまであるのだが、実際にWindowsで使えるのは4ボタンまで。ということらしい。

 さっそく接続してゲームをやってみたのだが、なぜかジョイパッドを全く認識しない。「なんでやねん」と半ば怒りながらヘルプを読んでみると、どうやらコントロールパネルの「ゲームコントローラー」でジョイパッドを登録してやる必要があるらしい。

 ここできちんと(といっても具体的な商品名は載っていないので、汎用4ボタンジョイパッドを選択)選んでやって、キャリブレーションをかけてやると、なんとか動くようになった。
 はじめはとりあえず登録だけして、このキャリブレーション(ジョイパットのプロパティになる)を忘れていたら、常にカーソルのいずれかが押されっぱなしの状態になって、シューティングゲームなんかでは自機が宇宙の彼方に飛んでいってしまった(^_^;)。何事も手を抜いてはダメということか…。

 というわけで、ほとんど「MotoRacer専用ジョイパッド」と化しているが、普通にゲームする分にはこれで十分かと思う。フライトシミュレーターなんかをするとなると話が違うかもしれんが。


1999年7月11日 DanceDanceRevolution

右下の丸いのは大きさ比較用のCD。左下の黒いのは私の足(25.5cm)。ビニールで覆われていてプヨプヨした感じの専用コントローラー  ※とらぶる・め〜か〜からの編入。
 ココに来てパソコンとほとんど関係無い話題を出すのもなんだが、面白いので書いてしまおう。そう、PLAY STATION用ゲーム。コナミの「DanceDanceRevolution(以下DDR」+「DDR専用コントローラー」を買ってしまったのである。

 学生の頃はゲーセンに結構通ったものだが、さすがに社会人になると(近くにゲーセンがほとんど無いこともあるが)行くことは滅多に無くなった。でも、このDDRはTVCMで見て「いかにも面白そうだなぁ」というのと、嫁さんも「子供に買ってやりたい」というので(実際は遊べる年齢ではないのだが…)購入決定。んが、このコントローラー、何処に行っても売っていないのである。

 おもちゃ屋さんに行ってみてもゲームソフトそのものも売り切れで、「次回入荷予定は未定。一ヶ月ぐらい先かなぁ」というぐらいで、買う気は一気にそがれてしまった。こんなものは一発屋的な雰囲気がデカイので、一度買いそびれるとなかなか買う気が起こらなくなる。

 ところが、6月末になって某中古CDショップ+ゲームショップに1つだけあるのを発見。さりげなく置かれていたが、せっかくの機会を逃してなるか(おいおい)と、有り金はたいてソフトとコントローラーを購入。ふたつを合わせると一万円を超えるのだからおいそれとは買えないのだが…。しかし、どうやら正解だったようで、その後そのショップに行ってみると「DDRコントローラー売り切れ。次回入荷未定」の張り紙があちこちに貼られていた。やっぱり人気があるらしい。

 で、肝心のゲームのほうだが、結構面白い。ルールは単純そのものだが、足を使う、というか、最終的には全身を使うようになるのでうまく行ったときはストレス解消になるし、かなりの運動量になる。最初は案の定、筋肉痛になってしまった。

 PC業界では次世代PSとPCとの能力がどうだこうだという話で盛り上がっているけど、やっぱり肝心なのはソフト。特にこのDDRみたいなソフトはやっぱりゲーム機でないと難しいところでしょう。書斎のPCの前にこのコントローラー置いてドタバタしてるのはやっぱり変だし(笑)。…でもやってしまいそうな自分が怖い(^_^;)。

★ デスク&チェアー ★

● パソコンデスク(LOAS) ●


LOASのパソコンデスク  この机は、DOS/Vパソコンを組み立てた頃、'96年の11月に18,000円程で購入。
コイツを購入する前は、手製のパソコンラック(60cm角ぐらいのスチール棚にキーボード用のスペースを取りつけたちゃちいもの)を使っていたが、DOS/Vパソコンを組上げた時に、タワー型の本体を置くスペースがないのと、キーボードが98シリーズに比べてやけに大きいため、マウスの操作スペースが無くなってしまった。そこで目に付けたのがこの幅広のパソコンデスク。

 値段は少々割高だったが、当時としてはディスプレイも傾斜して置けるし、タワーパソコンが余裕を持っておける。なによりキーボードを置いてもマウススペースがたっぷりある、といったほぼ満足の行く形だったのである。他の種類も無いことも無かったが、「どうせならいいものを」ということで買っちゃうことになってしまった。

 で、実際満足しているのだが、1年もすると「新型」というべきかどうかは判らないが、改良版が出てきており、これは現在でも結構流通しているようだ。少し大きいパソコンショップならたいてい置いてあるので、割と人気なのだと思われる。それを眺めると、少し不満に思っていたことがたいてい改良されていたりしてくやしくなってしまう。

「あ、この本体の上に棚がないので不便だと思っていたのに、標準で付いている!」
(写真の白い線を引いてある部分。実際はここに板っきれを載せて使っている…)

「おや?真ん中の柱の下がたわんで弱いと思っていたらここにもキャスターが付いて補強されている!

「ああっ、全体が木目調になって落ち着いた雰囲気になっている!」

「ゲ、弱々しかったディスプレイサポートバーが補強されていてしかも傾斜が調整できるようになっているではないか!」

「しししし、しかも値段が15,000円前後のお買い得価格になっているうううぅぅぅ(;_;)」

 ま、この手のものは改良されて大量生産されると安くなるのは世の常。先見の目があったということにしておきましょう。
 しかし、「17インチディスプレイ対応」とは言うものの、やや大き目であるウチのピュアフラットはほとんどギリギリ目一杯のサイズ。でかすぎてディスプレイの上の棚を外さないと出し入れできないし、出し入れする時は重さで腰を痛めそうになる。

 キャスターが付いているのでフローリングの床では自由に動かせるのだが、このキャスターもいまいち頼りないプラスチック製なので、少し重くなっているこの机では床にキズを付けそうで心配している(と言いつつゴリゴリ動かしているが)。

 後は、幅が少し広いので、それなりの専用スペースが必要。ともあれDOS/Vのキーボードの大きさに戸惑っている方、タワー型本体を置く場所に困っている方にはお勧めの一台である。

● ガスリフト椅子(WAKAMIYA ROCKY Y-5BL:台湾製) ●

ガス圧チェアー  机を購入したら次は椅子、というわけでもなかったが、前のアパートの部屋を簡易のフローリングにした時、従来使っていた学習椅子のあまりのボロさに耐え兼ねて購入してしまったもの。

 ディスカウントショップやDIYの店なら、時々特価品でガスリフトチェアーの2980円!とかもやっているのだが、パソコンやるからには椅子の上に長時間座るようになることもあり、少しいいものを、ということで今は亡き(おいおい)市内の某安売り家具屋さんで8千円強で購入。

 実はこの時、ひじ付椅子とひじ無し椅子の2種類があって、値段もひじ付椅子の方が少し高かったのだが。

「ひじ付の方が楽チンだよなぁ」
「見た目もカッコイイし、こっちにしちゃえ」

と、結構安易な考えでひじ付椅子を購入してしまった。

 しかぁし!。案の定少々甘かった。確かにひじ付なので、ここにひじを乗せることができるし、その場合はとっても楽ちんなのだが…
よくよく考えると、ひじをここに乗せる時というのが意外と無い。ひじ付椅子のひじを使っている時間が非常に短いのである。

 おまけに、このひじがあるために、椅子が机の下に入らないのである。いや、正確に言うと椅子を最低の高さまで下げれば入らないことはないのだが、それでは座っていても快適感がイマイチ。ガス圧チェアーなのだから簡単に上下できるので、それほど面倒ではないものの、狭い部屋でちょっと椅子が邪魔な時に机の下にすぐに入らない、ってのはやっぱり面倒だ。

 椅子の座りごごち自体は結構いいし、値段だけのことはあるのだが、このひじ付だけは失敗したような気がする。

 購入してから既に3年近く経つが、最近は背もたれにもたれた時に時々「ゴツン」と、変な異音がしている。多分下のスプリングの辺りから音が出ているのだろうけど、探すのが面倒なのでそのままにしてある。ただ、夜中にパソコンをいじっている時は家族に迷惑をかけているのでは?と少し気になる(ぐらいの音)。

 まぁ椅子なんてものは一度購入したら少なくとも数年、場合によっては10年以上も買い換えるものではない。どうせ長く付き合うのならいいものを選んでおきたい。

● サンヨー急速充電器 NC−M43 ●

電池の能力を12分に引き出すインテリジェントタイプの充電器。便利。  パソコンの小物類というのは、気がつくと増殖しているものが多いのだが、小物は結構電池を使うものが多い。特に単三型が多く、充電式にしておかないと経済的に負担のかかるものが多いので、気がつくと単三型の充電池が結構あったりする。デジカメもそうなのだが、'98年暮れにポータブルMDを購入して、そのガム型充電池を買おうと思ったら、1本2千円もしたので「これなら単三型の充電池を買ったほうが2本800円(なんと1/5!)で安いぢゃん」と思ってそちらを購入。んが、困ったことにそれまで使っていた充電器は2本単位でしか充電できなかったので、1本ごとの使用になるMDでは使い勝手が悪かった。

 で、この充電器、今年に入ってから各社から似たようなタイプが出始めて、カシオペアで使用しているニッケル水素も、デジカメで使用しているニッカドもどちらも同時に充電できて、しかも1〜4本を好きな本数だけ充電できるという優れもの。ホームページを見てみると、どうやら電圧感知式のインテリジェントタイプで、かなり賢いらしい。たぶん私より賢い(笑)。これなら1本持っていても損はないだろう、ということで、投資回収などみじんも考えずに消費税込みで4000円強で購入。実際は地域振興券使用後のキャッシュバック等が使えて3千円弱で購入できた。

 購入したお店にはSANYOのモノしか置いていなかったが、パナソニックやフジフィルム等からも同じようなものが出ているので、後は値段だけの話だろう。ただ、少し古い型のもので、やたら重いものがあるので注意。

使用感はすこぶる快適。少し消耗した電池も、全部消耗した電池も混在して1〜4本完全に充電してくれる。充電時間は4時間ぐらいかかるので、「急速」というより「中速」(なんやそれ)といった感じだが、インテリジェントタイプで充電池が満杯になるまで充電するため、それまで使っていたタイマー式の充電器に比べると電池の能力をフルに出しているようで、明らかに各装置での電池寿命が伸びているのがわかる。特に中途半端な充電方法をしていたデジカメには絶大な効果があって、電池寿命が一気に倍以上になった感じだ。

 一度使用できなくなっていたニッカド電池がこの充電器で少し使えるようになったこともあって、結構お買い得な充電器になっている。単三/単四型充電池を使用している方は一度お試しあれ。


パソコンの部屋に戻る   玄の館トップページに戻る