inserted by FC2 system

デジカメ コンパクトカメラ


 小さな10倍ズーム SONY DSC-WX100


デジカメIndexに戻る  パソコンの部屋に戻る   玄の館トップページに戻る   



 2012年11月。今年も物欲の夏をなんとかクリアしたはずだったのだが、やはりこのコンパクトさは忘れられなかった。気が付くと購入してしまっている。その罠にかかってしまった。メーカーはやはりあそこ。SONYだ。

TX5と比べても、一回り小さいし、実は結構軽い  
●忘れられないコンパクトさ●

 また新しいデジカメの話だ。もういったい何台購入しただろうか。もうええかげんにせいよ、と自分でも思う反面、世の中のデジカメは携帯のカメラに食われてしまっているので、同じ性能でありながらどんどん安いものが出てきている。安ければいいものというわけではないのは分かってはいるのだが、安いもんだからついつい…

 2012年夏、ぼちぼち新しいコンデジが欲しくなってきていた。考えてみれば、ここまで使ってきたコンパクトデジタルカメラ、SONYのTX5は購入して既に2年が経過している。これまでコンパクトデジカメは年に1度ずつぐらい購入してきたことと、最近のコンデジは結構安くなってきていることを考えると、なんで2年間も購入していなかったのだろう、というぐらい期間が開いているのだ。

 まぁこの間、何も買わなかった訳でもなく、既に一眼レフカメラは3台も購入していたりするのだが(^^;。これもコンパクトカメラを買わなかった理由だな…。それでもコンパクトカメラに興味が無かったわけではない。考え直してみても、やっぱり、不満はあったわけだ。

 TX5は、そのコンパクトさと丈夫さから言って、よくできたカメラだとは思う。ただ、2年も経つと最新のカメラと比べるとどうしても劣る部分が出てくる。TX5で一番困った点と言えば、やはりズーム倍率の不足だ。タフスリムのカメラだから仕方ない部分はあるのだし、25mm相当からの4倍ズームは、広角側ではそんなに気にはならないのだが、望遠側はやはりちょっと物足りない。デジタルズームでなんとかなることも多いが、「もうちょっと望遠が欲しい!」ということも多かった。

 当然、望遠にも強いTZ7も持っていたのだが、一度TX5に慣れてしまうと、今度はその大きさ重さ、更には厚みも気になってしまう。特に厚みのあるTZ7はどうしても持ち出すのがおっくうになってしまう。普段使っているサイドポーチにはまず入らない…。

 そんな中、2012年の7月に関東に旅行に行ったのだが、その際にちょっと入ったカメラ屋さんで触ったのがWX100だった。当時はコンパクトカメラもあまり気にしていなかったので、望遠ズームがこんなにコンパクトになっていたとは思っていなかった。しかも、その小ささとあまりの軽さにびっくりしてしまい、「う、これなら欲しいかも…」と思ってしまったのだ。

 で、それが忘れられなくて、11月にはついに購入してしまったというわけで、まんまとSONY戦略にはまってしまったということになる。実際の購入はキタムラのインターネットで行ったのだけど、実は最初は普通に地元のキタムラに買いに行ったのだ。


ボタン類はどうしても小さいため、ちょっと操作は厳しい  
●ちょいと小さな操作部●

 しかし、当時最新型だったWX170(機能は全く同じでタッチパネル化)なら価格が高くて在庫があったのだが、手軽に購入できる値段になっていたWX100の黒は既に在庫無し。ここであきらめて違う色を買っても面白くないので、一旦あきらめて通販で購入、という事にしたわけだ。購入価格は14,80円。以前のTZ7は12倍ズームだが、価格は半分以下だ。10倍ズームのこれだけコンパクト(厚み21.4mm)で軽い(124g)のだから、満足度はかなり高い…はずだったのだが…(^^;

 購入したWX100は、それまで十分に小さいと思っていたTX5より更に少し小さく、かつ軽い。その上で10倍ズーム(25mm〜250mm相当)なのだから、これ1台あればまず問題ないだろう、という話になるはずだった。取り出したWX100は確かに軽量コンパクト。バッテリーは実はこれまでのTX5と同じ、Ntypeのバッテリーだ。価格は少し下がったようだが、今度はこのバッテリーを出して充電することはあまり無くなってしまった。

 というのも、今回のWX100は、スマホと同じ、マイクロUSBコネクタが本体に装備されて、そこにコネクタをさす事でバッテリーに充電する本体充電方式に変更になっている。パッケージにはUSB出力用のACアダプタも、マイクロUSBのケーブルも付属しているが、既にスマホを充電しているケーブルがあれば、それと共用できるので便利と言えば便利だ。バッテリーを取り出しての予備バッテリーを充電したい場合は不便だが、此のクラスのカメラでそこまで必要としている人は少数派だろう。

 本体はかなり小さい。この小ささ&薄さに10倍ズームが入っているのは本当に驚異的なのだが、実際にじっくり撮影しようとすると、あまりに軽くて小さいのでちょっと不安になったりする。ズームレバーは一般的なシャッターと同軸になっているのでそれほど迷う事は無いが、操作系はそれぞれのボタンが結構窮屈な感じで入っているので、素早い操作はかなり難しい。ただ、落ち着いて押せばなんとかなる範囲だ。確かに、ここまで小さくなるとタッチパネルにしてしまった方が操作はいいかもしれない。TX5でタッチに慣れてしまっていたので、値段的にタッチは買えなかったのだが、確かにこれはタッチが正解かもしれない…。


10倍ズームでも、単体でここまで月がアップできる(実際は更に…)  
●やっぱり10倍ズームの威力!●

 で、実際に撮影してみると10倍ズームはやっぱりすごい。最新の20倍ズームとかに比べると物足りないけど、重さ薄さがこれで10倍だから十分。デジタルズームを駆使すれば、月面を撮影するのもさほど難しいわけではない。単純に倍率だけで言うと、VGA設定にすればカタログでは153倍まで行けるらしい。もう、こうなると訳が分からないレベルだが、通常のスマートズームで20倍ぐらいまでであれば、それなりに困ることは無いし効果も十分だろう。

 が、画質に関してはダメだこりゃ状態だったりする。さすがに最近のCMOSだし、最高感度はISO12,800の裏面照射型なのでそれなりには写る。が、画素数が1,800万画素もあるという。いや、コンパクトカメラにそんなに要らないし…と思っても、この辺は未だに数字がものを言う世界らしい。最近ではこの2/3サイズの画素でも2千万画素のものが開発されているらしいのだが、肝心なのはそこじゃないんじゃない、という気がするのは私だけではあるまいに…

 実際、撮影してみると、細かい所は全然解像してくれない。画素数で言えば1000万画素以下の実力じゃないだろうか。周波数の高い画像だったり、少し暗い場所だったりしてシーンによっては色がきちんと出ないこともしばしば。どうしても色が薄くなってしまうのを、ムリヤリ彩度を上げて調整しているような絵になってしまう。この辺は残念なところだ。記録画素数はある程度調整できるので、さっそく1,000万画素相当に変更してしまった。

かなり細かい被写体だけど、等倍にすると…
かなり細かい被写体だけど、等倍にすると…
もう既に、塗り絵というか油絵状態。写真ではないレベル
塗り絵というか油絵状態。写真ではないレベル

 まぁ、改めて確認してみれば、1,000万画素クラスだと思えばそう悪くない。TX5もそもそも撮影素子の小さなカメラだったので、それほど画質は期待できるものではなかったりした。考え方にもよるが、この価格でこの画質(1,000万画素相当)であれば、そんなに目くじら立てるほどではない。そういう意味でも、無理に1,800万画素の素子を持ってこなくてもなぁ、と思ってしまう。

 それでも、さすがはSONYではある。以前から便利に使ってきたスイングパノラマを始め、HDRや背景ボカシなど、機能面では不満は少ない。色んな表現方法を使えるようになっている。いや実際はその辺を使いこなそうとすると大変だったりするのだが、何か一つ覚えておいて、飲み会のときに遊んでみると結構遊べる(いや結局飲み会かい…)

 で、自分の使い方から言えば、結局もう一台が欲しくなってしまったのである。その辺は、つづく…




デジカメIndexに戻る  パソコンの部屋に戻る  玄の館トップページに戻る